働き方を見つめ直す!ポートフォリオワーカーとは?

ポートフォリオワーカー

現在、世界的に大流行している新型コロナウイルスですが、今まで会社に行って普通に働いていたことが、テレワークや時短勤務に変わってきました。またそれだけではとどまらず、働きたくても働けない業務の方や会社の財務状況が悪化し、リストラされた方も多いかと思います。

そんな中、ベーシックインカムを提唱する方も一部いますが、いつ実現するかもわからないですし、実現するかもわかりません。

ベーシックインカム(basic income)とは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策のこと。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

そんな働き方の根本を考えた時に、「ポートフォリオワーカー」という働き方があります。

スポンサーリンク

ポートフォリオワーカーとは?

ポートフォリオワーカーとは

「ポートフォリオ」とは、もともとは書類ケースのことですが、金融の世界では「金融資産の分散投資」を指します。そこから派生して「複数の仕事を同時並行してかけもつ人」のことを「ポートフォリオワーカー」と呼ぶようになりました。

トヨタ自動車社長の豊田さんが発言した「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」という発言があったようにもう終身雇用の時代ではないですし、大手の会社でも、副業が解禁されたりと緩やかではありますが、「ポートフォリオワーカー」という働き方が浸透してきているのではないでしょうか。

複数の収入源を手に入れることで、「経済的自由」が手に入りますし、自分のやりたいことや自分らしくことを見つけ、複業として仕事をすることで「心の自由」も手に入れることができます。

ポートフォリオワーカーになるには

複数の仕事をする際に、嫌いなことや特に興味がないことだと単純に続かないですし、「心の自由」も手に入りません。まずは自分の好きなことや興味があることを見つける所から始める必要があります。いくつか見つかったら、その中から副業として始めれるものを選んで行動していきましょう。

あとは、それを自分の習慣にすること。よくありがちなのが、「今年からダイエットしよう!」と決意しても三日坊主だったり、「あんなにやったのに、効果が見られないからもうやめよう」なんてことも、ざらにあると思います。

しかし結局、人生は「あきらめるか、続けるか」で決まります。何事も成功するまで時間がかかります。たゆまぬ努力を続ける以外に成功する道はありません。YouTuber ( ユーチューバー )として有名になるにも、日々動画を撮ったり編集したりして、アップし続けなくてはいけませんし、筋肉をつけたいならば、毎日のトレーニングやバランスの良い食事はかかせません。普段の仕事の成長も同じだと思います。あきらめて、失敗で終わるか、毎日コツコツ続けて成功するかの選択肢は、二択しかありません。

まとめ:働き方を見つめ直す!ポートフォリオワーカーとは?

日本では新たに「ポートフォリオワーカー」という働き方が注目されつつあります。サラリーマンとして、普通に仕事をしていても固定でお金は入ってきますが、今の時代は何がどうなるか予測することが難しい時代になってきています。そんなとき、あなたはどちらの働き方を選択しますか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です