【バビロン大富豪の教え】お金と幸せを生み出す黄金法則を解説

バビロン大富豪の教え

日本の教育では、あまりお金について教えてくれませんが、この本を読むことで、自身の「お金」のリテラシー(※)をあげてくれます。それが今回ご紹介する「漫画:バビロン大富豪の教え~お金と幸せを生み出す五つの黄金法則~」です。※リテラシーとは、適切に理解、解釈し、活用する能力のことを表します。

漫画版で非常に読みやすく、理解しやすい内容になっているので、興味がある方は買って読んでみることをお勧めします。

漫画「バビロン大富豪の教え」

「バビロン大富豪の教え」(原作:ジョージ・S・クレイソン)

バビロンとは?

バビロンとは、実際にあった紀元前18~6世紀の古代メソポタミア地域における主要な王国のことです。現在のイラクの首都であるバグダッドの南方約100キロのユーフラテス川両岸にあった古代都市の名前です。

2019年にはUNESCOの世界遺産にも登録されています。バビロニアとも呼ばれていますが、バビロニアは地域の名前で、バビロンはバビロニア地域にある都市の名前のことです。

本書では、その古代バビロニアから続くお金の増やし、お金に縛られず、充実した人生を送る「人類不変の知恵」を教えてくれています。そんな時代の粘土板から脈々と受け継がれてきたことだけでも、凄いことだと思います。

本書は1926年にアメリカで出版され、百年たった今でも、世界的に読まれいるのは、目先のお金を得るためのテクニックではなく、「お金に愛される知恵を身に付けること」や「働くことの大切さ」「人との付き合い方」など、時代を超えて通用する、人間が幸福になるための真理が書かれています。

バビロン大富豪の教えとは?

主な登場人物

主な登場人物は、武器職人の息子「バンシル」と、バビロンの大富豪「アルカト」の二人です。その主人公のバンシルの家はお金がなく貧乏で毎日働きづめの日々を過ごしていました。

主人公「バンシル」

武器職人の息子「バンシル」

そんなとき一つの疑問が頭に浮かびます。「貧乏とお金持ちの貧富の差はどうして生まれてくるのか?」

そこで実際のお金持ちに、お金持ちになる方法を知り合いのアルカドに聞きに行きます。

バビロンの大富豪「アルカト」

バビロンの大富豪「アルカド」

お金持ちとは?

まずお前にとってお金持ちとはなんだ?

アルカド

バンシル

お金をたくさん持っている人!
結論言ってそれは”お金もち”ではない

アルカド

バンシル

えっ?
例えば、お前に金貨10枚を渡したとしよう。お前はそのお金を何に使う?

アルカド

バンシル

たくさんあるよ!大きな肉、分厚いパン、蜂蜜!
それでお金は増えるか?

アルカド

バンシル

増える?
お金もち”というのは、お金の増やし方を知っている者だ!

アルカド

バンシル

お金の増やし方?
いくつか知識はあるが、まずはじめにしないといけないことがある。収入の十分の一を貯金することだ!

アルカド

アルカドは「この約束を半年間守れたら、次の知識を教えよう」とバンシルに伝え、それ真面目に実行していきます。そして半年後、学びの殿堂で次の知識を教えてもらいます。

黄金に愛される七つ道具とは?

学びの殿堂でアルカドがバンシルを含めた、たくさんのバビロニアの市民に向けて講義をします。

アルカド

これから無人島で生きようとする”奴隷”にその日の魚を分け与えても意味がない。いくら魚を与えても食べ尽くせば餓死してしまう。魚の釣り方を教えることだ!これは黄金を増やす七つの道具で、それをすべて公開する!

黄金に愛される七つの道具

1.まずはじめに収入の十分の一を貯金すること

2.欲望に優先順位をつけよ

3.貯めたお金を働かせよ

4.危険や天敵からお金を堅守せよ

5.より良きところに住め

6.今日から未来の生活に備えよ

7.自分こそ最大の資本にせよ

アルカド

知識はすべて教えた。最後にお金持ちと貧乏人には壁がある。それはなにかわかるか?
知識は平等。そして俺たちはみんな一様に知識はもらった。その壁の境界線は、動いた者とそうでない者だ!

バンシル

アルカド

そうだ!勝利の女神は、行動した人間にこそ微笑む!

試練

講義の数日後、アルカドはバンシルを呼び出します。

アルカド

見よ!ここに金貨が入った袋がある。それとは別にこちらにはもう一つの袋がある。こちらには知恵が入っている。バンシル、お前はどちらの袋を望む?
金と知恵・・・?

バンシル

アルカド

・・・・・。
必要なのは知恵だ。金貨があれば目先の幸せは手に入るかもしれない。けどその先の安心までは買えない。

バンシル

アルカド

では、それを証明できるか?
証明??

バンシル

アルカド

この金貨と知恵を持ち、両方の袋を満たすまで、帰ってきてはいけない。さらに知恵の袋は金貨をすべて失うまで開けてはいけないという試練だ。
やるよ!やらせてくれ!

バンシル

それからバンシルは旅に出かけます。

旅に出たのはいいものの、お金を増やすため、一攫千金の賭け事をしますが失敗し、そこからも真面目に働き、お金を貯金していきますがお金を盗まれ、ついには所持していたすべてのお金がなくなります。

「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則とは?

そして、ついに知恵の袋を開けるときがやってきたのです。知恵の袋の中身を見てみると、そこには粘土板が入っていました。そこには五つの黄金法則が記されていました。

「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

【法則1】

家族と自分の将来のために収入の十分の一以上を蓄える者の元には黄金は自らを膨らませながら、喜んでやってくるだろう

【法則2】

黄金に稼げる勤め先を見つけてやり、持ち主が群れを膨大に増やす羊飼いのように賢明ならば、黄金は懸命に働くことだろう

【法則3】

黄金の扱いに秀でた者の助言に熱心に耳をかたむける持ち主は、黄金が離れることはないだろう

【法則4】

自分で理解していない商い、あるいは、黄金の防衛に秀でた者が否定する商いに投資してしまう持ち主からは黄金は離れていくだろう

【法則5】

非現実的な利益を出そうとしたり、略家の甘い誘惑の言葉にのったり、己の未熟な経験を盲信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう

そこで旅に出て失敗した経験が記されていました。バンシルは0からスタートすることを決意するのです。それからのバンシルは真面目に働きました。最低でも収入の一割は貯金に回していました。

するとその誠実さを見た同僚が話かけてきました。

同僚

王様は、大きな青銅門を作る計画があるのだが、その青銅の素材が不足している。そこでバビロニア中から出資してくれるメンバーを集めている。その資金を使って、銅の採れる土地に人を送る。そして銅を手に入れて持って帰ってくる。最後に王様が門を作るときに銅を提供するという計画だ。

今までの騙された経験があったバンシルは次にこのような質問を発した。

もしその青銅を王様が買わなかったら?

バンシル

同僚

的確な質問だ。この商売の最大のメリットは、保険が効くことだ。もし王様が買わなくてもその青銅は他の者が適正な価格で買ってくれる。
すいません、そのお話・・・断らせていただきます。

バンシル

同僚

!!!
僕も事業の計画段階から参加させてもらえませんか。

バンシル

同僚

それでこそ男だ、バンシル!

証明

そして、その事業が成功し、そこから3年の月日が経ちました。バンシルはアルカドの元に戻ってきました。

バンシル

知恵を持ち、その通りに行動すれば、誰だってお金持ちになれる。
・・・

アルカド

バンシル

約束通り、ここで貰った分の2倍の金貨を持ってきた。そして、もう一袋の金貨がアルカドさんから貰った知恵に対する対価だ
はっはっは!面白い!つくづく面白い逸材だ、お前はバンシル!

アルカド

ここからも話の続きはありますが、気になった方は実際に本を買って読んでいただけたらと思います。

【バビロン大富豪の教え】解説まとめ

本書を読んで一番重要だと感じたのが、黄金に愛される七つの道具の中の貯めたお金を働かせよです。日本ではあまり投資について、学ぶ機会がないので、中々投資に対する知識が足りていない気がしますが、この本を読んで投資をするマインドを築くことができました。

本の内容にもありましたが、知識があっても「動いた者とそうでない者」がいるように、行動しなければ何の意味もないので、私も今日から行動していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です