弾丸トラベル!週末でも海外旅行が可能なおすすめの国は?

「仕事が忙しくてお金もあまりなく、海外旅行に行けない!」とあきらめていませんか?

行ける国は限定されますが、工夫次第で比較的低価格で旅することができます。結論、休みが2日間あれば、週末海外旅行は可能です。ではどのように可能にしているのか、どんな国がおすすめなのかをご紹介していきたいと思います。

週末海外が可能な理由

時間がなくても工夫次第で旅が可能

例えば、週末海外を実現するには、深夜便を利用します。それは金曜日に普通に仕事を終えてから、その足で空港に向かいます。金曜日の深夜に日本を飛行機で飛び立ち、海外現地には早朝に到着することができるので、土日をまるまる観光に充てることができます。そして、日曜日の深夜出発の帰国便に乗れば、日本には月曜日の早朝に戻ってくることが可能です。

しかし、それが少しハードすぎると感じる人は、金曜日に有給休暇を一日もらうなどして余裕を持って、旅することも良いかもしれません。それでも3日間あれば充分充実した週末旅ができます。

航空券の価格が安い

LCCの大躍進で、格安のチケットが容易に手に入るようになりました。LCCとは、ローコストキャリア(Low-cost carrier)の略で、格安航空会社のことです。

そんな格安チケットを簡単に検索できるサイトがあります。それが「スカイスキャナー」です。スカイスキャナーの使い方については下記の記事を参考にしてください。簡単に行きたい場所を検索することができ、自分に合った格安のチケットを購入することができます。

【海外旅行初心者必見!】知らないと損する格安航空券の取得方法

週末旅行5大オススメの国

日本からとなるとやはりネックとなるのが距離なので、週末海外旅行は基本的にアジアが中心になります。旅行期間は、短いですが旅は工夫次第で楽しめます。

タイ(飛行時間:約6時間半)

バンコクのラチャダー鉄道市場
タイは物価が手ごろで、ごはんもおいしく、しかも人は優しく、気候も年中いいのでおすすめの旅先です。バンコクから北に少し足を延ばせば、世界遺産「アユタヤ遺跡」もあります。航空券の目安としては日本から往復で約6万円です。

例)関空⇔バンコク

利用便候補:JAL

往路・・・土曜00:40 関空発→土曜5:00 バンコク着

帰路・・・日曜22:55 バンコク発→月曜06:05 関空着

タイバンコクのフライト

例)羽田⇔バンコク利用便候補:日本航空(JAL)

往路・・・土曜00:05 羽田発→土曜5:05 バンコク着

帰路・・・日曜22:05 バンコク発→月曜5:40 羽田着

タイフライト情報

シンガポール(飛行時間:約7時間半)

シンガポールのマーライオン

東南アジアの中で今最も注目されているのが、シンガポールです。ハワイに行くような感覚で都市型のリゾートが楽しめるのが魅力です。グルメやショッピングはもちろんのこと、カジノやテーマパークも楽しめる国です。日本から往復で約7万円です。

例)関空⇔シンガポール

利用便候補:シンガポール航空

往路・・・金曜23:30 関空発→土曜05:30 シンガポール着

帰路・・・日曜14:05 シンガポール発→月曜21:20 関空着

シンガポールの旅

例)羽田⇔シンガポール

利用便候補:シンガポール航空

往路・・・金曜22:50 羽田発→土曜05:25 シンガポール着

帰路・・・日曜22:45 シンガポール発→月曜06:20 羽田着

シンガポールのフライト情報

台湾(飛行時間:約3時間半)

台湾の旅

台湾は、中華的な文化が最も手軽に体感できる旅先です。それでいて親日的な人たちが多く、都市部であれば日本語の適用ども高いです。何より、人々が優しく不快な思いをさせられることもありませんので、居心地のよい国です。時期や場所にはよりますが、往復で2万円以下の航空券もあります。

例)関空⇔台湾(台北)利用便候補:エアアジア、ピーチ

往路・・・金曜21:45 関空発→金曜23:45 台北着

帰路・・・日曜15:15 台北発→日曜18:55 関空着

台湾の航空券

例)羽田⇔台湾

利用便候補:タイガーエア、チャイナエアライン

往路・・・土曜05:00 羽田発→土曜07:55 台北着(台湾桃園国際

帰路・・・日曜18:25 台北発(松山)→日曜22:05 羽田着

台湾の航空券

中国 (飛行時間:約3時間)

上海の夜景

上海は、日本からも近く観光スポットが集積し、見どころが満載です。バスツアーでまわれば、一気に観光地を回れるものもあります。タイミングによっては日本からの往復で約2万円でいけるときもあります。

例)関空⇔上海(中国)

利用便候補:吉祥航空

往路・・・金曜21:15 関空発→金曜23:05 上海着(浦東国際

帰路・・・日曜16:55 上海発(浦東国際)→日曜20:05 関空着

上海のチケット

例)羽田⇔上海(中国)

利用便候補:JAL

往路・・・土曜09:15 羽田発→土曜11:45 上海着(虹橋国際)

帰路・・・日曜16:05 上海発(浦東国際)→日曜20:10 羽田着

上海のチケット

韓国(飛行時間:約2時間)

韓国

韓国は日本から最も近い外国です。フライト時間も短く国内旅行のノリでいけます。韓国の往復で2万以下のチケットも多く、比較的費用を抑えれます。

例)関空⇔韓国

利用便候補:ピーチ、アシアナ航空

往路・・・土曜07:45 関空発→土曜09:45 韓国着

帰路・・・日曜19:10 韓国発→日曜20:55 関空着

韓国のフライト

例)羽田⇔韓国

利用便候補:アシアナ航空

往路・・・土曜06:10 羽田発→土曜08:50 韓国着

帰路・・・日曜21:10 韓国発→日曜23:30 羽田着

韓国から羽田のフライト

週末でも海外旅行が可能なおすすめの国まとめ

結論、土日の休みで海外旅行は可能です。お金ないことや忙しさで、海外旅行へ行けないと考えがちの方には、週末でも海外旅行に行けることが意外だったかもしれません。(住んでいる場所やタイミングによっては不可能な場合もありますが。)

せっかく行くのであれば、少し無理をしてでもできるだけ現地での滞在時間を増やして、遊べることが良いと思うので、旅を計画する際の参考になればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です